信頼性

信頼性

信頼性の証です

新興アルマー工業株式会社には、長年の試験データがございます。
気候条件、環境、素材に応じた最適なアルマー加工・ガルバリ55をご提案させていただきます。
海水シャワー試験
海水シャワー試験
 
大気暴露試験
大気暴露試験
ガルバリ55
ガルバリ55
溶融亜鉛めっき
溶融亜鉛めっき
  ガルバリ55は従来の溶融亜鉛めっきに比べて18倍 以上の耐食性があります。
試験はガルバリ55と溶融亜鉛めっきのボルトを複 合サイクル試験(*JIS K5600 サイクルA)と塩水噴 霧試験しました。
その結果、複合サイクル試験では溶融亜鉛めっきが 24サイクルで赤錆発生に対し、ガルバリ55は450サイクル でした。塩水噴霧試験では溶融亜鉛めっきが96時 間で赤錆発生に対し、ガルバリ55は2500時間でし た。
*JIS K5600 サイクルA<塩水噴霧2h-乾燥4h-湿潤2h (8時間/1サイクル)> 耐食性の評価を赤錆発生までの期間とした場合、 複合サイクル試験では溶融亜鉛めっきの18.8倍、 塩水噴霧試験では26.0倍の耐食性があることになり ます。
ガルバリ55
ガルバリ55
溶融亜鉛めっき
溶融亜鉛めっき
SUS04
SUS04
  ガルバリ55はスーパーダイマやZAM、ガルバリウム鋼板等の亜鉛-アルミニウム系めっき鋼板と の接触腐食の心配がありません。
ガルバリ55はスーパーダイマやZAM、ガルバリウム鋼板と同様に亜鉛とアルミニウムを主成分とするめっきのため電位差が小さく接触腐食が起き難くい特性があります。
試験はスーパーダイマ(Zn-11%Al-3%Mg-0.2%Si)鋼板にガルバリ55、溶融亜鉛めっき、SUS304のボルトを取付けて複合サイクル試験(JIS K5600サイクルA)を90サイクル実施しました。その結果、ガルバリ55ボルトは板共に赤錆無く健全な状態でした。一方、溶融亜鉛めっきボルトはボルトに赤錆が発生し、SUS304ボルトは接触腐食によりボルト周辺の板から多量の白錆が発生しました。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

093-791-0435 受付時間8:00~17:30

093-791-3053

ネットでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ