HOME > 事業内容

事業内容

事業内容

物質に熱的な刺激エネルギーを与えると、原子は物質中を移動します。これは固体内で濃度勾配をなくし、平衡に近づこうという力が働くためです。この理論をもとに鉄鋼にアルミニウムをめっきする着想は古くからありましたが、1930年代のアメリカにおいて溶融アルミニウムめっき法が確立されました。
わが国でも戦前からこの研究は行なわれていましたが、新興アルマー工業株式会社では1953年にめっき技術の確立と企業化に成功、その後も研究改善に取り組み今日に至っています。
新興アルマー工業の溶融アルミニウムめっき法は、「アルマー(Alumer)」として商標登録し、今日ではこのめっき法の通称となっています。

溶融アルミニウムめっき法

溶融アルミニウムめっき法  
アルマー加工品は、海水や塩水に対する耐食に優れ、めっき厚の減少で比較すると、亜鉛めっきの2~4倍、重量減少にすると5~10倍も腐食が少なくなります。 また、海洋性雰囲気はもちろん、塩水や海水をかぶるような所でも優れた耐食性を発揮します。
特徴/性質
製造工程/JIS規格

亜鉛アルミニウムめっき

亜鉛アルミニウムめっき  
ガルバリ55とは溶融亜鉛めっき(ドブめっき)の耐食性向上を目的に、アルミニウムを55%添加した亜鉛アルミニウムめっきのことです。
非常に優れた防食性を発揮します。
ガルバリ55の特長を見る
ガルバリ55の製造工程を見る
看板
看板
 
ボルト・ナット
ボルト・ナット
 
フェンス
フェンス
腐食のトラブル一例
配管は腐食により大事故を招く危険があります。耐食性に強く、耐熱性もあるアルマー加工をご検討下さい。
 
腐食のトラブル一例
今、注目の家庭用太陽光発電。
海に近い家だと塩害で架台が錆びてしまいます。架台の 加工にアルマー加工が利用されています。
 
腐食のトラブル一例
外階段は手すりが錆で腐食し、転落の可能性もあります。

こんなトラブルが起きる前に錆の対処を!

093-791-0435

093-791-3053

お問い合わせ